本文へスキップ

江楠学園

電話でのお問い合わせはTEL.0952-30-8676

〒849-0921 佐賀県佐賀市高木瀬西三丁目7番1号

学校紹介policy

理事長 挨拶

  本校は、昭和37年「時代の求める技術者の養成」を目標に佐賀電波工業高等学校として設立されました。
 設立当初は電子科二クラスでのスタ−トでありましたが、昭和41年に電気科、建築科が設置され、さらに昭和42年自動車科の新設に伴い、校名を佐賀中央工業高等学校と改めました。
  その後昭和44年には全国でも稀有の航空科、そして48年には土木科と時代の要請によって次々に新しい学科が設置され、佐賀県内唯一の私立工業高校として工業教育一途に歩んで参りました。
  しかし、平成12年4月介護福祉士養成のための生活文化科を新設することにより校名を北陵高等学校と改称し、新たなスタートを致しました。
  新設の生活文化科は、高齢化社会、少子化社会の到来に伴う福祉の充実が求められている今日社会のニ−ズに応え設立されたもので、介護福祉士、ホームヘル パー等を中心としてこれからの福祉社会の中で活躍できる人材の育成を目標としたものです。
 新世紀に向け新しい歩みを始めていく本校に、今後尚一層のご支援をお願い致します。

     理事長 江口 敏文
・私立中学高等学校教育功労による文部科学大臣受賞
・産業教育功労による産業教育振興中央会長賞 受賞
 

  

校長 挨拶

 本校は、佐賀県内で唯一の工業と福祉を学ぶ専門高校です。昭和37年の創立以来53年の歴史を持ち、多くの有能な人材を社会に送り出してきました。
  本校は、高校3年間で多くの専門的な資格を取得し、社会のニーズに合う人材の育成に努めています。毎年多くの生徒が国家資格の取得に挑戦し、昨年度は11種の資格に延べ909人の生徒が合格しました。また、ジュニアマイスター顕彰の金・銀を18人が取る事ができました。高校時代に多種多様な資格を取得し世界的な企業であるトヨタ自動車を始めとする国内の優良企業に多数の卒業生を送り出しています。進学面でも今年は鹿屋体育学部への合格車を出す事ができました。
  北陵高等学校は、創立者の遺訓である「何処の場にありても、なくてはならぬ人となれ」を校訓としており、日々の学校生活を通して感謝の心を育み人間性を高め、社会に貢献できる人材を育成していくことが私たちに課されている使命と思っています。教職員一同、日々研鑽に努め一致団結して熱い心で教育活動に邁進してまいります。

 
     校長 大坪 健造

   


教育目標

   
       
 健康な身体と豊かな心を身につけ、社会の変化に主体的に対応できる思考力、判断力、実行力をもった生徒の育成を目指す。   
   
 
学 校 像   生徒が、光輝く学校
  個性の輝く学校
  意欲と創造性に溢れた学校
  友達と思いやりに満ちた学校
  一人一人の願いを育てる学校
生 徒 像   自己啓発に努める生徒
  自ら考え自ら学び続ける生徒
  心豊かで、相手の気持ちのわかる生徒
  強い意志と体力と気力をもった生徒
  自己の向上と社会の発展のために努力する生徒
教 師 像   生徒や保護者から敬愛される教師
  自己の人権の淘冶と専門性の向上のため研鑚する教師
  生徒の成長のために生徒を愛し労を惜しまぬ教師
  生徒の可能性に信頼を置き、優しさと厳しさをもった教師
  師弟同行の精神で、生徒とともに伸びようとする教師
   

       




information

北陵高等学校

〒849-0921
佐賀県佐賀市高木瀬西三丁目7番1号
TEL.0952-30-8676
FAX.0952-33-5524

理事長挨拶
校長挨拶
教育目標
校名の由来
沿革
制服
校歌

seihuku.htmlへのリンク